イベント・阿寒ツアー

白銀が呼ぶ!〜中編〜阿寒湖スノボ・スキー&温泉ツアー

本来の目的を見失うスタッフ・ホシノです。
ま、いつものことなんですけどね( ̄▽ ̄;)

CIMG6456_320x240















昨日は3時半くらいまで、しかも大量のアルコールを消滅させた割には皆さん元気な感じで記念撮影。
周知が遅かったとか、連絡の不備とか色々あった気もしますが・・・結果的に良かったですよね、皆さん!
料理もお酒も美味しかったし、温泉も良かった・・・

うん?


・・・温泉??



Σ(゜Д゜ ) ハッ!!



入ってねぇ・・・


えー・・・・と、私は温泉班でしたよね、確か?
冬の醍醐味はスキーやスノボじゃなくて温泉と酒だ!と言ってましたよね、ブログでも!?

・・・


うん、忘れよう。

何のために阿寒湖畔まで来て宿泊までしたのか、よくわからない状況ですが、同じ境遇の参加者がもう1人いることと、ブログのネタが増えたことだし、ということを3回くらい、心に飲み込んで2日目のプログラムへ。

2日目はアイヌ文化を活用した表札づくり&ムックリ(口琴)づくり
ホテルを後にしてアイヌコタンへ
ちょっと早く着いたのでホテル御前水さんからお土産にもらったホテルメイドのメロンパンを頬張りながら準備が整うのを待ちます。
CIMG6457_320x240
















どう見ても昭和40年代の労働者の図、としか見えない・・・
一応、平成22年ですけどね。
現在は。

準備が整った、ということもあって早速、表札&ムックリづくりへ。
CIMG6471_320x240
















何かこの写真を見ていると、アイヌ・クラフト製作を待っているというよりは作業場で番号で呼ばれている方々の図、としか見えないのは私だけ( ̄▽ ̄;)

冗談はさておき、作業は真剣そのものです。
ある者は自らデザインした表札を自宅に飾らん(家族の了解について心配しておりましたが)と、そしてある者は手製のムックリで演奏会を開かんとする者(いなかったかもしれません)・・・それぞれの思いを胸にひたすらに彫刻刀を振るいます。

そして見事完成!!
CIMG6478_320x240
















CIMG6480_320x240
















CIMG6474_320x240















最後の写真は別に蕎麦を食っている訳ではなく、ムックリの練習中。
表札は飾ってこその表札ですが、さすがにお宅訪問!ってのも難しいですしね。
でもムックリは演奏してこその値打ち物!
きっと金曜日の会とかで披露してくれることでしょう、誰かが!!(無駄にハードルを上げてみました)

何だかんだと小2時間くらい作業に没頭していましたが、思いのほか時間が早く過ぎた感覚。
つまりは面白かった、ということで宜しゅうございますか?皆さん??

さて2日目企画第2弾はランチです!阿寒やきとり丼です!!
コネとかを思いっきり利用(流用?悪用??)して限定20食という阿寒やきとり丼17名分を注文。
当日はスキー大会があり、お客さんで賑わう昼食時にロッジや他の客さんの都合を全く無視してますね。
ま、ご当地グルメとして売り出す気満々の「阿寒やきとり丼」
実物はこちら!!
CIMG6487_320x240















この他にも行者ニンニクの小鉢、鹿肉の味噌汁が出てました。

ちなみに全部揃うとこんな感じ
CIMG6481_320x240
















ま、味の方は金曜日の会で参加した方に直接聞いて頂ければ、と存じます。
ほら、これは影響力のあるブログだしね。
私の一言が全国のご当地グルメに影響が出てしまったら大変ですから

写真はないですけど、アンケート協力のお礼ってことで頂いたまりもプリン、あれは美味しかったですよ。
マリモ饅頭のプリンバージョン。
定価(たしか)200円で好評発売中!!
ま、中身は普通のプリンなんでしょうけどね。
インパクトが素晴らしかった。

みんなでお昼を食べたあとは、スキー場で解散。
途中、寒いのにも関わらずあかんべぇでアイスを食したりしながら。

今回はホテル御前水さん他、関係各所のサービス、ご助力と20名を超える参加者が集まって頂いたおかげで、アイヌ・クラフト製作・昼食代を含めて会費1万円の範囲でなんとか。
関係者の皆様には改めまして感謝を申し上げます。
2月の阿寒湖畔で1万円でこのコースなら相当お得」、とは地元の方の談。
確かに無理を通してかなり道理を引っ込めさせた気が・・・

という訳で来年もやりますよ〜
お得と言っても会費1万円はお安い値段ではございません。
来年こそは!と思う方は早めに積立てを(ホントにやるかはスタム次第ですが)

次回は1日目のスノボ・スキーのフォトギャラリーを。
金曜日の会の話題提供に出来るようなタイミングで・・・アップするよう努力します。

白銀が呼ぶ!〜前編〜 阿寒湖スノボ・スキー&温泉ツアー報告

リバウンド王の異名をとるスタッフ・ホシノです。
あ、体重の話ですけどね( ̄▽ ̄;)

今週中には・・・などと参加者にメールを送っていたんですが、予定どおりというかすっかり遅くなりましたね。
イヤ、書ける気がしたんですよ?
終わった直後には( ̄▽ ̄;)

・・・さて、本題ですね。
今年は集まりました!
何と21名(初日スノボのみ1名、部屋呑み参加1名含み)!!
これまで阿寒ツアーで20名を超えたことがあっただろうか・・・
当初は集まりが悪く(ホシノの周知が遅かった、という原因もありますが)、阿寒ツアーは今年で最後か!?などという発言もスタッフから飛び出す(主にホシノの口からですが)ようなこともありましたが、始まってみれば21名の大所帯

うんうん、やっぱり阿寒ツアーはニーズがあるんですね。
来年も企画しよっと。

ま、来年の話を今からしていると鬼が笑いすぎて腹膜炎を起こしかねないので、今年の報告を。
例年どおり朝早くからスノボ・スキー班が釧路を出発。
釧路の冬をウィンタースポーツで爽やかに満喫しよう!とゲレンデへ向かいます。

なお、スタッフは朝が早い寒いのはイヤだ、酒が切れると暴れかねない等々の理由により全員が温泉&呑み組。
本来ならスノボ・スキー班の状況をお知らせしなければならないのですが・・・
こちらは後日フォトギャラリーを設ける、ということでご容赦くださいませ(ホント、スノボ・スキー班の皆様、申し訳ない!)

さて今回はお酒を(必要以上に)嗜みそうな参加者も多いのではないか、ということもあってお酒は気合を入れて購入。
これまでも阿寒ツアー、キャンプと経験がありますからね。
購入しなければならない量、というのは把握しているんですよ。

お買い物が終わって目指すは阿寒湖畔・ホテル御前水!!

到着したら早速、呑みます。
我々の楽しみはこれしかないですからね。
CIMG6437_320x240
















初挑戦のコンビーフ缶空けに挑戦する石井さん。
挑戦の結果は・・・ご本人に確認してみてくださいませ。
CIMG6439_320x240















酒は進みますが、アテが足りませんね。
ならば釣ってまで!!
極寒の中、勇気を振り絞って湖上へ向かう面々も存在しました。
DVC00059
















釣っているのは3人だけどね。

この日の阿寒湖畔は前の週に比べて暖かい、とは言え極寒零下の湖上。
ビール片手に孤独な戦いで全員分のわかさぎを狙います。

そして克目せよ!この釣果を!!
CIMG6447_320x240















いえ、別に天婦羅を釣った訳ではないんですけどね。
レストハウスでわかさぎを天麩羅にして貰って夕食にメニュー。
人数分は確保できたね、とりあえず。

温泉宿といえばやはり夕食。

CIMG6449_320x240
















これを肴に一杯やる訳ですよ。
これだけが楽しみ、至福の一時ですね。
宴会は盛り上がりました。

CIMG0001_320x240















うん、皆さんそろそろお気づきと思いますが・・・
写真が少ないですね。
ええ、撮り忘れてました( ̄▽ ̄;)

ジェスチャーゲームとか、女ゴリラとか、仮面ライダーとか、色々とエピソードはあるんですけどね。
文章だけでは伝える自信がないので、金曜日の会で参加した方からお話を聞いてくださいませ。
うん、これで金曜日の会は盛り上がるネタが1つできたね(>▽<)ノ☆キャハ

部屋に戻ってからも呑み会は続きます。
数少ない1枚を・・・
DVC00047





















楽しそうでしょ?


今回は早押し機を持っていったんでクイズでも盛り上がったり、思い思いに酒を呑んだり、釧路の施政方針を巡って熱い(そうでもないか?)議論を交わしたりと・・・
宴会は3時半くらいまで?
私は2時頃には寝ましたが( ̄▽ ̄;)

ちなみに今回持っていったビールは、80本弱
他にもチューハイとか結構な数を持っていったんですけどね。
残ったのは500缶1本のみ・・・
一体どれだけのアルコールを1晩で消化しているのやら。
今年のキャンプはどれだけのアルコールを持っていけばいいのか・・・今から頭が痛いです( ̄▽ ̄;)

次回は2日目の様子をお知らせします。
出来るだけ早くアップするように努力を・・・



阿寒湖畔スノボ&温泉ツアー2009〜スノーシュー編〜

代表の相原です。

阿寒ツアー2日目の「スノーシュー」の模様をお伝えしたいと思います!!

1阿寒ツアー 206

朝10時にロビー集合。

ワゴン車のお迎えで、まずは阿寒ネイチャーセンターにやってきました!

雪山に備え、ここでフル装備。


1阿寒ツアー 207

スタート地点に着いたら、まずは準備運動。。。

大事ですね〜


1阿寒ツアー 208

いよいよスノーシューの装着です!


1阿寒ツアー 211

いざ出発!!


1阿寒ツアー 215

この谷間から左の山へ向かって、新雪の上をスノーシューで歩いていくわけです。


1阿寒ツアー 221

みんなで仲良く登ります。

これが意外とキツいんですよ。。。


1阿寒ツアー 228

この日はとにかく天気に恵まれ、最高のコンディションでした!


1阿寒ツアー 230

分岐点。

僕たちは、温泉の湧き上がるボッケをめざします!


1阿寒ツアー 250

なんと天然の滑り台を発見!


1阿寒ツアー 265

楽しそうですね〜

僕が挑戦したときは、なぜか滑らない・・・

途中で止まってしまいました


1阿寒ツアー 275

続いて、2チームに分かれての足跡を辿って追いかける「かくれんぼ」のような遊びもしました。

足跡を辿るなら簡単に見付かると思いきや・・・

色々と作戦があるんです。

まずは隠れるチームが散ってきます。


1阿寒ツアー 280

笛の合図と共に追いかけチームが、足跡を辿り隠れたチームを一人ひとり探していきます。


1阿寒ツアー 288

次々と発見されていきます。

いつまで経っても発見されないのも問題ですが・・・


1阿寒ツアー 293

いよいよ阿寒湖が近づいてきました!


1阿寒ツアー 326

阿寒湖の上で記念撮影!


1阿寒ツアー 302

ここでガイドさんから、あったか〜いココアのサービス。

スコーンまで頂いちゃいました。


1阿寒ツアー 319

ご紹介が遅れました。

今回お迎えからお見送りまですべての面倒を見ていただいたガイドさん。

さわやかでかっこいいですね〜


1阿寒ツアー 338

ちょっと休憩を取った後は、阿寒湖の上を歩き、引き続きボッケを目指します!


1阿寒ツアー 348

一眼レフの特性を生かして撮ってみました。。。


1阿寒ツアー 361

やっとボッケに到着しました!


1阿寒ツアー 381

色んな動物と出会いましたよ。


1阿寒ツアー 387

キレイな小鳥ですよね。

名前は・・・忘れました!


1阿寒ツアー 407

最後は阿寒湖畔エコミュージアムセンターに立ち寄りました。

ご覧の通り、近代的な建物ですごくキレイでした。


ホテルに戻ってきたのは、13時近くだったでしょうか。


1阿寒ツアー 410

みんなでお昼ご飯を食べてから解散しました。

ちなみに僕が食べたのは、行者にんにくラーメン!



解散後はもう少し遊んでから帰った人もいたようです。



今年の阿寒ツアーは、新たに「スノーシュー」に挑戦しましたが、期待以上に良かったですね〜

個人的には、新しく買ったカメラで沢山撮影できたのも楽しかったです。


ところで、温泉&飲み班、そして夜の宴会はどうだったのかな?

続きは、飲み隊長にバトンを預けます!

僕からのご報告はこんなところで。

では!

阿寒湖畔スノボ&温泉ツアー2009〜スノボ編〜

こんにちは〜。

「阿寒湖畔スノボ&温泉ツアー2009」スノボ隊長の相原です。

1阿寒ツアー 143

今年のスノボ班はなんと9名も集まりました!!


実は昨年のスノボ班は2名と寂しい感じだったのです。

今年もさらに日帰りで3名の方が駆けつけてくれて、一時は12名になりました。


この先は皆様の華麗な演技をご覧ください。


1阿寒ツアー 173

まずは我らのエースHさんの滑りです。


1阿寒ツアー 179

こちらはバックサイド。


1阿寒ツアー 121

アルペンは二人いましたね〜。


1阿寒ツアー 122

H氏とウェアが似ていますが、こちらはOさん。


1阿寒ツアー 151

逆サイドの彼女は、裸心参加3回目にして阿寒ツアーへ参戦。

がんばってみんなに付いて行ってたので、今頃猛烈に筋肉痛なのではないでしょうか。


1阿寒ツアー 164

滑る度に上達していたスタッフT。


1阿寒ツアー 188

マイペースのNさん。


1阿寒ツアー 190

宿泊組みでは、唯一のスキーヤーIさん。

来年はボードやりましょ?!


1阿寒ツアー 031

Sさんも駆けつけてくれました!


1阿寒ツアー 149

白糠が誇るもう一人のアルペンボーダーSさん!



ということで、まだまだ他の方の滑りも披露したいところですが、うまく撮れた方を優先にご紹介させていただきました。

次回、僕からは天候に恵まれた2日目のスノーシューの模様をお伝えしたいと思います!

阿寒湖畔スノボ&温泉ツアー2008 Α素魘笋聾討屐(後編)

遠く離れて地球に独り スタッフ・ホシノです。

さて先日から温泉を満喫し、宴会で大いに盛り上がり、挙げ句の果てに二日酔いであいすランド阿寒で遊びまくった温泉組は釧路に帰りましたが・・・
スノボ組はまだまだ帰りません。
阿寒6−1
ん?










数が増えています( ̄▽ ̄;)

阿寒ツアー前日の金曜日の会に参加してくれた林さんの友人が友人を率いて合流です。
何か日本語がおかしいですが(汗;

でもこういう形で翌日からの合流もアリですよね。
来年の阿寒ツアーで検討することにしましょう。
スノボの様子です。
阿寒6−3











阿寒6−3











阿寒6−2











皆さん思い思いに楽しんで頂いたようです。
誰が、誰なのかはよく解りませんが( ̄▽ ̄;)

今回は想定よりも少ない人数だったこともあって開催そのものが危ぶまれましたが・・・
終わってみればやって良かった、と思う程楽しめました。
宿泊したホテル御前水さんにも様々なサービスを頂きましたし(

この段階で来年の話をしたら鬼が笑いすぎて腹膜炎になるかもしれませんが・・・
ま、また来年も考えましょうか?

次は今週末、金曜日の会でお会いしましょう。

阿寒湖畔スノボ&温泉ツアー2008 ァ阻喫!あいすランド阿寒

お酒は呑みすぎまい そう思い続けて15年、スタッフ・ホシノです。
ま、無理なものは無理なんですが( ̄▽ ̄;)

二日酔い確実な呑み方をして寝たのが4時前くらい。
そんな状態にもかかわらず「ワカサギ釣りに行こう」と約束してしまったために不屈の精神で起床。
基本的に女の子との約束は守ることにしていますので(^^;

と、言う訳で、うっちーさんと中山さんの3人で朝早くからワカサギ釣りへ。
阿寒5−1

見事に釣り上げた中山さん。









寝ぼけ眼でやっても今年は釣れますね。
てか竿を垂らせば当たりがある、という感じ。
これで坊主だったら暴れてやろうと思っていましたけど( ̄ー ̄)ニヤリ
阿寒5−2
これが本日の釣果






昨日は強風の中、寒さに震えながら頑張った半分くらいの時間倍以上釣れているような気が・・・( ̄▽ ̄;)
この日は風もなかったこともあって、寒さに震えることもなかったですしね。
来年も楽しめるぐらい釣れて欲しいですね。
間違いなく私は釣りに行きますから(

ワカサギ釣りも終わって、適当に部屋を片付けて(ヲヒ)ロビーで記念写真
阿寒5−3
ハイ、チーズ。






さて、チャックアウトをしてアイスらんど阿寒へ行こうと準備をしていたところ・・・
阿寒5−4
シェフお手製のメロンパンをお土産に頂きました。






メロンの香りが香ばしく大変美味♪
お腹も一杯になったところで改めてアイスらんど阿寒へ。
阿寒5−5







阿寒5−6







色んな氷像もありました。
で、ふと見れば氷の滑り台が!!
当然この男の出番ですね。
阿寒5−7












阿寒5−8












阿寒5−9











塚谷君、ご協力感謝致します。
もっともこの場に畠山副代表がいたら率先してやっていたような気もしますが( ̄▽ ̄;)

アイスらんど阿寒へ来たらやっぱりバナナボードですね。
阿寒5−10






今年は去年よりもコースがハードだった気もします。
顔に当たる雪が結構痛かったですか(

4輪バギーにも挑戦しました。
阿寒5−11







阿寒5−12






値段を考えると妥当だと思いますが・・・もう少し距離があれば良かったかな?

昨年よりも早めに活動を開始したこともあって待合い時間も少なく、スムーズに色々と楽しめました。
ここで温泉組は帰路へ、そしてスノボ組は再びゲレンデへ。
次回が最終話、スノボ組の様子をお伝えします。

阿寒湖畔スノボ&温泉ツアー2008 〜宴会だよ!全員集合!!〜

ねこ鍋」って料理が流行っていると思っていたスタッフ・ホシノです。
温泉にゆっくりと入って日頃の疲れを癒し、宴会開始時間までしばしの歓談の時間です。
阿寒3−1
歓談とは言え酒は呑みます( ̄▽ ̄;)






阿寒3−2






これが先ほど釣ってきたワカサギの天婦羅
去年は2人がかりで10匹程度でしたが、今年はよく釣れました。
阿寒3−3
作りたてですからね。
実に美味そうに食べてくれます(笑)





宴会時間となりイザ、宴会場へ。
残念ながら後発組が遅れているので・・・とりあえず乾杯の練習です( ̄ー ̄)ニヤリ
阿寒3−4






阿寒3−5
これが本日の料理。






昨年も評判の良かった料理ですが、今年も期待を外さない美味な料理を用意して頂きました。
酒が進みます。

15分程度遅れて後発組も到着。
改めて乾杯です。
阿寒3−6
練習したから失敗することはありませんね( ̄ー ̄)ニヤリ




9名と宴会としてはやや少ない人数ですが、容赦なく盛り上がります。

ん??
これは・・・
阿寒3−7
カラオケです。










ホテル御前水さんのサービスでカラオケ機器を無料で借りてしまいました!
色々とサービスを強要しているような気もしないではないのですが・・・
今年も御前水さんには大変なお世話になっております。
阿寒3−8
カラオケといえばやっぱり林さん







阿寒3−9
石井さん、塚谷さんも負けてはいられません





阿寒3−10
女性の歌は華やかでいいです。






ん?

Σ(゜Д゜ ) ハッ!!



セクハラか(^^;


そして冬華美にて極寒の花火を鑑賞
空気が澄んでいるからこその美しい花火。
夏に見る花火とはまた趣が違いますね。

宴会の勢いはそのまま部屋での2次会へ持ち越しです。
この続きは・・・次回!

阿寒湖畔スノボ&温泉ツアー2008 ◆素魘笋聾討屐(前編)

猫のようにこたつで丸くなるスタッフ・ホシノです。

さてタイトルからもわかるように今回はスノボ&温泉ツアーです。
当然スノボもメインのイベントとしてあるわけですが・・・
今回初日は2名だけ。

少ない人数ながらも華麗な技で魅了する2人
阿寒2−1











阿寒2−2















阿寒2−3















あ、スマン・・・
写真があったのは1人だけだった( ̄▽ ̄;)
さて・・・この写真は一体でしょう??

正解は・・・そのうち、ね( ̄ー ̄)ニヤリ

盛り上がったようですよ。
顔面流血の負傷を負った者もいましたが( ̄▽ ̄;)
これも「どっち?」って感じでしょうか?

寒いながらもスノボを満喫してきた様子です。
私がワカサギ釣りから戻った時にはこんな感じでしたし
阿寒2−4







さて、そろそろ宴会ですね。
温泉宿1泊2日ツアーの醍醐味は宴会です。
ええ、それ以外にはございませんとも!!

この続きは・・・次回!

阿寒湖畔スノボ&温泉ツアー2008  舛気行くんだ その顔をあげて〜

じっちゃんの名にかけて! スタッフ・ホシノです。

2月16日、17日と極寒の阿寒湖畔を満喫する「阿寒湖畔スノボ&温泉ツアー」。
もう10日くらい過ぎてますね。
早く書きなさいっての( ̄▽ ̄;)

今年は皆さん日程が合わず男性6名、女性3名、計9名での企画となりました。
これが金田一だったらうっかり半分くらい殺されそうな人数ですが( ̄▽ ̄;)

ま、ね。

人数は関係ないんですよ!人数は!!
そこに温泉がある!
がある!!
何を躊躇うことがあろうかぁぁぁぁ!!

誰も躊躇ってはいませんが・・・という訳で阿寒ツアーです。

スノボ班2名が先行して阿寒入り。
そして宴会から参加が2名なので、まずは5名からのスタートです。
フクハラ星ヶ浦店で予算を大幅にオーバーする酒とつまみを購入して、いざ出発!

阿寒1−1
無事に宿に到着






とりあえずスノボ組を待つ間に皆さん阿寒湖畔商店街の散策に。

阿寒1−2







阿寒1−3








え?
わたしですか??

勿論、酒の肴にワカサギの天婦羅でも皆さんに振舞おうと一人氷上でワカサギ釣りをやってました。

阿寒1−4






阿寒1−5

はら1匹釣れた♪






釣果はあったんですが、風が強くてとにかく寒い!
阿寒1−6「

サッサとホテルに戻ってしまった皆様の図(笑)





この後スノボ組とも合流して温泉、宴会へ。
これからの様子はまた次回。
今回は間隔をあんまり空けないようにします。


・・・多分( ̄▽ ̄;)

スノボ&温泉ツアー〜さらば遠き日

見た目は大人!頭脳は子供!! 
迷宮入りの迷探偵スタッフ・ホシノです。

すっかり事務局にゴーストになって頂きました( ̄▽ ̄;)
カラオケで踊っている場合じゃないですね( ̄ー ̄)ニヤリ
私のブログを楽しみにしていた女性ファンの皆様にのみお詫び申し上げます。

さて、気が付いたら24日が終わってしまいました。
でも私だってね、色々と思い出はあるんですよ!
折角だからチョッチ振り返ってみましょう。

たんたか
ホテル到着後はまず「鍛高シャンメリー」で乾杯。










以前に赤は呑んだことがあるんですが、白は初めて。
白の方が甘さ控えめで私好みですね。
ま、焼酎の方が好きですけど( ̄▽ ̄;)

露天風呂も良かったですね。
粉雪の舞う中、見知らぬオッサンからビールを貰って呑んでいました。
露天風呂で呑むビールはまた格別です。

宴会も楽しかったですね。
ホテル御前水さんのご厚意も頂き格安の条件で大宴会。
川島さんの「ある部族の踊り」も堪能しました。
アイヌの神々も喜んだことでしょう( ̄ー ̄)ニヤリ

花火も素晴らしかった。
厳冬の中、氷のグラスで呑むビールが夜空を彩る無数の花火に華を添えてくれました。
極寒零下と言えどもビールはやはり格別です。

宴会後の部屋呑みもやはり楽しかった。
酒を片手に安全保障問題について書生論を重ねるなど学生時代以来の楽しみです。
周りは引いていた気もしますが・・・(^^;
書生論を語りながら呑む酒は言い表しようのない味です。

ええ、本当に楽しい1日でした。
参加して頂いた方々、ホテル御前水スタッフの皆さんには感謝です。

さて本題、2日目です。
帰りは運転しなくてはならないので呑めません
この段階でややテンションは下がり気味なんですが・・・
そんなテンションを吹き飛ばすこの天気。
07.02.24 阿寒ツアー19






ま、なんていいますか・・・
日頃善行の賜ですね、もちろんア・タ・シの(>▽<)ノ☆

みんなでバナナボートに乗って氷上の阿寒湖を散策。
その後はバラバラ。
07.02.24 阿寒ツアー23

打倒!織田信成の道は遠いか・・・
ちなみにこの方は今川義元の子孫?




07.02.24 阿寒ツアー24

ボスと共に休憩中。
渋いぜぃ




ちなみに私はチマチマとわかさぎ釣り。
結果は・・・






(゜Д゜ )三( ゜Д゜)





wakasagi







ゴメン、チョッチ大袈裟でした。
ま、去年のわかさぎツアーは・・・10人で3匹でしたっけ?
それよりはマシ、ということで。

アチコチ遊んで昼食は奈辺久で。
07.02.24 阿寒ツアー26

お勧めのわかさぎ天麩羅定食。





なかなか美味でした。
満足して完食。

何だかんだで帰路についたのが午後3時前。
ちなみに釧路で呑み直した豪傑もいたようですが・・・
パパはもう限界です( ̄▽ ̄;)

最後は長々と書きましたが・・・
これにて一件落着。
皆さんのおかげをもちまして無事に終わることが出来ました。
ブログは殆ど書いてませんが( ̄▽ ̄;)

またブログ上でお会いしましょう。
次回はアルゼンチンバックブリーカーだ!!
記事検索
バックナンバー
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

携帯入り口
QRコード
LINEのアカウントが出来ました!
イベント・交流会の情報はもちろんのこと、急遽中止になった際の配信もしています。
LINEをお使いの方は、ぜひ友達追加をお願いします!

<スマートフォンでご覧の方>
友だち追加
↑こちらのボタンをクリックしてください↑

<パソコンでご覧の方>
写真 2017-04-14 7 47 03

スマトフォンでQRコードを読み取るか、「@bbz6503f」をIDで検索して、友達追加をしてください。
Facebookページ
釧路「金曜の会」会場
  • ライブドアブログ