スタッフ・ホシノのブログコーナー

橋南ぐるっとグルメ・スタンプラリーのお知らせ

マリア様にみられているスタッフ・ホシノです。

さて、今回は裸心プロジェクトのイベント紹介ではありません。
代表からではなく、珍しく私から地元のイベント紹介です。

来週末18日、19日にくしろ川リバーサイドフェスタが開催されますが、そのイベントの一環としてくしろ橋南西ゆめこい倶楽部が主催して、南大通を味わいつくせ!橋南ぐるっとグルメ・スタンプラリーが開催されます。
ちなみにくしろ橋南西ゆめこい倶楽部は裸心プロジェクトの参加者も参加していますよ。

南大通にあるお店4店をスタンプラリー形式で回ります。
コースが4種類用意されていて、選択したコースで指定されたお店を回る、というもの。
お酒は呑めませんが、基本的にすえひろはしご酒大会と同じようなルールです。

参加費や集合場所は以下です。
参加費:500円
集合場所:入舟4丁目「港町かもめホール」前庭・クーたん広場
     (雨天時:橋南西会館が集合場所になります)
日時:9月18日〈土〉午前10時〜午後3時まで
   (チケット引き換えは午後2時30分まで)

主催・お問い合わせ先:くしろ橋南西ゆめこい倶楽部

参加費はわずか500円ってのはお得です!
時間は午前10時から午後3時までとたっぷりとっているので、多少遅く起きて、昼過ぎから参加しても十分に間に合います。
全部スタンプを集めて、午後3時までに集合場所に戻れば、地域商品券があたる大抽選会も行なわれます。

ちなみにチケットは釧路市民活動センターわっと、くしろ橋南西ゆめこい倶楽部・事務局で絶賛販売中!
数量限定なのでお早めにお願いします、とは担当者の談。

かつて裸心プロジェクトでも「南大通ツアー」を企画、実施しました。
その時にも回りました「ぬさまい東家」、「港文館」、「シーサイドホテル」や呑み会会場となった「吉江寿司」、おいしい紅茶のお店「ラスカベツ」の他、南大通ツアーではお休みだった「成田餅菓子店」など参加店舗数、実に13店舗

南大通地区は住んでいない限り、なかなか訪れる場所ではないかもしれませんが・・・
南大通〜米町地区は釧路発祥の地、と呼ばれる釧路市内でももっとも歴史のある地区です。
歌人・石川啄木ゆかりの場所も数多くある場所でもあります。

皆さんもこの機会に、南大通を散策してはいかが?

スタッフ・ホシノの果てしない物語〜旅情編-名古屋はええよ!やっとかめ(後編)

名物に名所なし スタッフ・ホシノです。
え?あくまで諺の話ですよ、諺の( ̄ー ̄)ニヤリ

さて、ブログそのものがやっとかめ(=久しぶり)になってしまいましたが・・・
名古屋〜観光編です。
ま、名古屋に行く機会があれば参考にして下さい。

熱田神宮
学生3大駅伝の一つ、全日本大学駅伝大対校選手権大会のスタート地点としても有名な場所ですね。
てか駅伝ファンぐらいしか知らないか( ̄▽ ̄;)
普通に考えれば三種の神器の一つ、天叢雲剣(草薙剣)が神体であることや、織田信長が桶狭間へ今川義元を迎え撃つ際に必勝祈願をしたことで有名ですね。
名古屋1
宮内を闊歩する





美味そ・・でなくて、なかなかに堂々としています。
御神鶏だとか。
若冲のモデルにでもなりそうな鶏です。
名古屋2





折角なので参加者の安産祈願でも、と思ってお参りしたんですが・・・
現在工事中で仮拝殿でのお参り。
風情がない上に、ご利益についても若干の不安が(^^;

この他にも宝物館では刀剣類を始め様々な重要文化財を見て満喫してきました。
午前10時頃でしたけどね。
暑くて死にそう( ̄▽ ̄;)

名古屋城
名古屋03







名古屋と言えばお城、お城と言えば名古屋。
熊本城を築城した加藤清正が天守閣を作り上げた、名城中の名城ですね。
城好きでこれまでにも姫路城、伊賀上野城、赤穂城と見てきましたが、その中でも威風堂々としたお城でした。
名古屋3
加藤清正の石引の像










名古屋4
金のシャチホコにもまたがってきました(










三菱東京UFJ銀行貨幣資料館
名古屋5







ま、別に名古屋の名所ではないとは思いますが・・・
入場料無料、という点と冷房が効いているという2点が決めてでしたね(
それでも旧紙幣や旧貨幣が数多く揃えていて、大変面白い内容でした。

博物館明治村
これは犬山市なんですけどね。
行こうと思っていたトヨタ関連の博物館や、徳川美術館とかが月曜日ということで軒並み休業。
遠く釧路から来た、というのに・・・ねぇ?
アサヒビール工場も試飲には予約が必要、ということで試飲が出来ないなら行っても意味ないし・・・ってことでチョッチ足を伸ばして明治村へ。
当初はあんまり期待していなかったんですが・・・
旧帝国ホテル
旧帝国ホテル






聖ザビエル天主堂
厳かな雰囲気の聖ザビエル天主堂






北里研究所
細菌学者・北里柴三郎の研究所






こいつが意外と面白い。
なにせ施設だけでも60以上!
歴史好き、しかも近現代史が好きな私にとっては今回の旅行で1番の当たりがここでした。
結局時間が少なくて半分くらい(それも暑い中駆け足で)しか回れませんでした( ̄▽ ̄;)
施設としては楽しいのに17時閉園って早すぎ。

食べ物も美味しかったですよ〜
明治文明開化の頃の牛鍋をはじめ明治・大正の雰囲気さながらのグルメが満載。
ほとんど食べてませんが( ̄▽ ̄;)
帝国ビール
旧帝国ホテル内のカフェで呑んだ復刻ビール










あげカレーパン
食道楽のカレーパン
揚げたては大変に美味






他の所は1回行けば十分ですが、明治村だけはもう一回行きたいですね。
名古屋じゃないですが( ̄▽ ̄;)


とびとびの連載で相変わらず筆が遅いのですが・・・
名古屋シリーズも今回で打ち止め。
またどっかに行ったらレポートします。

来年は・・・九州・宮崎かなぁ・・・
ではでは

スタッフ・ホシノのはてしない物語〜旅情編-名古屋はええよ!やっとかめ(前編)

やっとかめ!!スタッフ・ホシノです。
ちなみに「やっとかめ」とは名古屋弁で「ひさしぶり」を意味するようです。
語源は「八十日目」だとか。

さて名古屋です。
名古屋ってよくわからねぇんだよねぇ〜って方はとりあえず名古屋国国家とも言われている「名古屋はええよ!やっとかめ」をきけば一発でしょう。
作詞作曲は(一部のコアなオタクから)絶大な支持を集め、鬼才と(一部のコアなオタクから)評価されている山本正之
涙と笑いなしでは聞けないと(一部、以下略)山本節を堪能して名古屋について知って下さいな。
誤解も生むかもしれないが( ̄ー ̄)ニヤリ

さて、しつこいようですが名古屋です。
ま、名古屋のイメージと言えば中日ドラゴンズにお城、後は食べ物ですね。
味噌カツ、手羽先、ひつまぶし、きしめん・・・
という訳でグルメ紹介。

名古屋コーチンのひつまぶし
名古屋9−1







ランチタイム、ということもあって1,000円チョットの値段で食べられました。
名古屋に来たならまずは名古屋コーチンでしょう!!
ジューシーな肉の旨みが口一杯に広がる感覚は、食べたものでなければわかりません。
もっとも・・・
産地が偽装されていても勿論わかりません( ̄▽ ̄;)
冗談はさておき、結構美味しかったです。
最初はそのままで、次に薬味と一緒に、最後にお茶づけで。
味の再現がともかく、食べ方は自宅でも十分出来るので皆さんも試してみては?
それなりに美味しく食べれると思います。

手羽先
レセプション終了にボランティア仲間と「手羽先を食べに行こう!」という話になって行った「風来坊」の手羽先
名古屋にいる知人に聞いたら名古屋で手羽先を食べるなら「世界の山ちゃん」か「風来坊」とのこと。
名古屋9−2名古屋9−3







手羽先も美味しかったけど、どて煮も美味しかった。

手羽は関係なけど気になった店はここ
名古屋9−4







( ̄ー ̄)ニヤリ

ひつまぶし
名古屋9−6名古屋9−5






今度はとかのバッタモンじゃありません!
です!!
しかも国産です!!・・・多分Σ(゜Д゜ ) エーッ!?

無料配布のるるぶを持っていくと500円も値引きしてくれる、という豪気なサービスに引かれて「備長」へ
思わずね、肝吸いまで注文しましたよ。
味は・・・やはり美味しいですね。
1人前3,000円くらいと考えれば、値段並の美味しさという気もしますが( ̄▽ ̄;)
もっとも知人は「ひつまぶしが美味いんじゃなくて、鰻が美味いだけだろう」と、身も蓋もない言い方をしておりましたが・・・
ま、確かに鰻は大変に美味でした。
未だにあの味が反芻出来ますΣ\( ̄ー ̄;)ドナイヤネン

味噌カツソフトクリーム
名古屋9−7












見た目も味噌っぽいが、味もしっかりと味噌味( ̄▽ ̄;)
不味くはないが、恐らく2度とは食べないであろう味( ̄▽ ̄;)

味噌カツ&エビフリャー
名古屋9−8






カツが美味いかどうか、よりもソースが美味いかどうかで判断が分かれる気が・・・
私は好きだけどね。
ちなみに一緒に食べた関西の友人は「とんかつソースのほうがええやん!」とのこと。
好みの問題ですね、多分。
ちなみにエビフリャーは泉屋の方がボリュームは上。
味は店にもよるでしょうけど、北海道人にとってはありがたみが少ない気がします( ̄▽ ̄;)

モーニング
名古屋9−9






コーヒー1杯でパンやら卵やらが付いてくるという名古屋名物「モーニング
私は行ったところはパンとスープと卵がバイキング形式で食べ放題。
値段は確か・・・450円か500円。
釧路にもこういう店があったら・・・と思う。
てか、経営的に大丈夫なんだろうか

きしめん
名古屋9−10






私の友人にはあまり評判の良くなかったきしめん。
友人曰く「うどんやん!」とのこと。
私は美味しく頂きましたが、うどんとの区別は確かにつかない( ̄▽ ̄;)
少なくとも名古屋以外で食べるならうどんでいいね。

台湾ラーメン
名古屋9−11






Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン てな感じ名称のラーメン
確かに名古屋名物で、名古屋以外では殆ど(当然台湾でも)食べられないラーメン。
名古屋在住の台湾人店主が考案したから「台湾ラーメン」という名称になったとか。
はっきり言って死ぬほど辛い
これを食べる時にはしばらく味覚がバカになるので注意が必要。

天むす
名古屋9−12






一口サイズが嬉しい天むす。
結構美味しい。
ちなみに釧路でも天むすを出してくれた店があった気もするけど・・・記憶は定かではない。

あんかけスパゲティー
9−13





画像はイメージ
ボランティア仲間のおばさ・・否、お姉様方とビールのアテで頼んだもの。
全員があんかけ焼きそばのスパゲティー版を想定していたのでかなり面を食らった感じはある。
美味しいがあんかけ焼きそば程ビールに合わないのが難点
てか、ランチで食べればいいじゃん!という声が聞こえそう( ̄▽ ̄;)

以上、こんな感じで。
てか、食べたね。
大阪程ではないですが、完全に食い倒れです。
食べていないのは味噌煮込みうどんおでんくらいなもの。
暑くて食べる気はしなかった( ̄▽ ̄;)

ちなみに私の友人曰く「味噌煮込みうどんは美味くない」とのこと。
もっとも「東京のそばは食えない」とか「東京の人間は醤油でうどんを食べる」等々・・・関西うどん至上主義者なので参考にもならないですけどね。
味噌汁にうどんをいれたんかい!?」とか言っている姿が目に浮かびます(^^;
個人的にはうどん好きなので、機会があれば是非食べてみたいですね。
寒いときに( ̄ー ̄)ニヤリ

名古屋めしの特徴はとにかく味が濃い、ってことと。
好みがはっきりと分かれる味ですね。
合わない人には絶対に合わない感じが。
濃い味が好み、という北海道とか北の人間には結構合うんじゃないでしょうか?
逆に関西以西の方には合わないかもしれませんが。

名古屋にいた4日間で財布が軽くなり、体は重くなった気がします(
さて次回は名所案内で。
あんまりないけど( ̄▽ ̄;)

今度はもう少し短いスパンで更新を。
ではでは

スタッフ・ホシノのはてしない物語〜旅情編-いのちの贈り物を探して

風邪をひいたのでとりあえず“バカ”ではないことを上司に証明したスタッフ・ホシノです。
「お前でも風邪を引くんだ・・・」ってどこに突っ込みをいれればいいねん!!

さて17日に名古屋入りし、畠山夫妻宅を拠点に大阪伊賀モクモクファームと遊び呆けていましたが・・・
今回は旅行が目的ではなくて、日本さい帯血ネットワーク骨髄移植推進財団が行う全国大会に参加することが目的です。
すっかり忘れていましたが( ̄▽ ̄;)
というわけで少し真面目に書かねばなりませんね。
面白くないと感じた方は次回に期待して下さい( ̄▽ ̄;)

まず19日土曜日は日本さい帯血バンクネットワーク全国大会、ということでそちらへ。
ちなみに「さい帯血」とは赤ちゃんのへその緒と母体の胎盤にある血液のこと。
血液を作りだす造血幹細胞が大量に含まれていることから、白血病等の患者さんへの移植として使われるのです。
移植件数も9月末で4,800件を超えており、年内にも5,000例を超えるといわれています。
このブログでも何度か紹介していますが、私は骨髄バンクのボランティアを10年チョッチやっていて、あちこちに顔を出して入るのですが、さい帯血バンクの全国大会に出席するのは初めてなんです。
さい帯血バンクの運営や最新の研究発表など、普段では聞けない話も多くて大変に参考になりました。

大会後は、骨髄バンクのボランティア、骨髄移植推進財団、さい帯血バンクネットワークの3者が初めて一堂に集まっての合同レセプションが行われました。
名古屋8−1
交流の様子






名古屋8−2
ボランティア側からもご挨拶





単なる交流会、といえばそこまでですが、実際のところ骨髄バンクとさい帯血バンクのボランティアが交流会を持つことは初めてのことなんです。
もっともボランティアの面々はどちらにも顔を出しているので、殆どが知り合いばかりって感じもしますけどね。
私も基本的には全国のボランティアの方々と話をしておりましたが、財団の正岡理事長をはじめ、普段お話する機会の少ない(ま、話題的に盛り上がることはないのだが)方々とも話が出来て楽しかったですね。

合同レセプション後もボランティア有志で集まってさらに親睦を深めて、解散。

で、日付は変わって20日日曜日に今度は骨髄移植推進財団の全国大会。
連闘になりますが、普段もこんな感じで日程をこなしているので特に問題はありません。
意見を求められないだけ、楽ってもんです。
財団の全国大会では愛知の会のボランティアの皆さんが中心になって進めていました。
式典とかは財団が中心でしたが。
名古屋8−3
大谷会長かファシリテーターとなって進めていきます。





名古屋8−4






骨髄移植第1号としてプロジェクトXにも出演した方の話(この人はお酒を呑むと大変楽しい方です)やその方から移植を受けた方の話を皮切りに進んで行きました。
ちなみに骨髄移植のドナーさんと患者さんが会う、ということは原則的にありえないんです。
ボランティアの大会会場で偶然見つかった、という例が2件あるだけです。
今回お話をしてくれたお二人もボランティアの全国大会で呼びかけ、たまたま見つかったお二人なんです。
何故ドナーさんと患者さんが会うことについては10年も前から実現に向けて動いて気もしますが、今になっても実現が出来ていません。
色々と問題もあるでしょうし、難しいことは理解しているんですけどね。
いずれは普通に会えるような日がこればいいと思います。
その他にも実際に移植をした人、された人、そして今移植を待っている患者さんの話が大変身近に聞けるいい大会でした。
来年どこでやるのかは発表となっていませんが、来年も是非参加したいものですね。

さて、お仕事は終わりました。
もう真面目な話は書きません!!
次回からは期待通り(誰もしていない)名古屋のグルメ名所を紹介していきましょう!!

ではでは

スタッフ・ホシノのはてしない物語〜旅情編-ぶらり途中下車の旅

計画性という言葉と全く無縁なスタッフ・ホシノです。

新婚生活の畠山夫婦宅を後にして名古屋へ向かいます。
てか、新婚生活のお宅に長々とお邪魔してはいけませんね。
に蹴られそうです(

さて、畠山恵理子さんに柘植駅まで送ってもらい3日前とは全く逆パターンで名古屋へ向かいます。
名古屋7−1
ではないけどね、1枚。





乗り継ぎの都合上40分ほど三重県亀山駅で時間が出来たので、折角だし市内見学へ。
名古屋7−2名古屋7−3







亀山市は東海道亀山宿として栄えた城下町ですね。
畠山宅に行くことでもなければ、まず間違いなく寄ることは無かったでしょう。
2度と来る事なんてない、最後の機会でしょうから( ̄▽ ̄;)
名古屋7−5
亀山城跡多門櫓





名古屋7−4
亀山の仇討跡





名古屋7−6
ちょっとした街並みも江戸時代の風格を思い出させます。




古くは日本武尊縁の地であり江戸時代では交通の要所として栄え、亀山の仇討では「元禄曽我兄弟」の地として有名なところです。
少ない時間でしたが、思ったより楽しめました。
釧路にも「」のような大正から昭和初期を楽しむ場所は多々ありますが、ここ100年程度の歴史ですからね。
戦国時代、江戸時代は勿論のこと古代神話の時代まで楽しめる場所はそれだけでも楽しいです。

朝も10時過ぎだし、何といっても9月なんだから大丈夫とは思っていたのですが・・・
予想を大きく反して「なんじゃこりゃぁぁあ!」って言うような熱気。
汗が文字通り滝のように出ましてね・・・もう、途中で降りて観光なんかをしたことを軽く後悔するくらいに暑かったです。
こっちのほうで岩盤浴なんて必要ないですね。
アスファルトの上にござでも敷いて寝ていれば十分発汗作用がありますね( ̄▽ ̄;)
やる人は・・・いないと思うが( ̄ー ̄)ニヤリ

武家屋敷や史料博物館など観たいところは多々あったのですが、午後から名古屋で大会があるのでそうも言ってられません。
暑さで死にそうな顔をして名古屋へ。
名古屋に着いたからって涼しくなるわけではないのですが・・・
僅かでも亀山市の北側にあるのです。
無駄とは知りつつも( ̄▽ ̄;)

4日ぶりの名古屋。
名古屋でのはっちゃけぶりについては、また次回に。
記事検索
バックナンバー
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

携帯入り口
QRコード
LINEのアカウントが出来ました!
イベント・交流会の情報はもちろんのこと、急遽中止になった際の配信もしています。
LINEをお使いの方は、ぜひ友達追加をお願いします!

<スマートフォンでご覧の方>
友だち追加
↑こちらのボタンをクリックしてください↑

<パソコンでご覧の方>
写真 2017-04-14 7 47 03

スマトフォンでQRコードを読み取るか、「@bbz6503f」をIDで検索して、友達追加をしてください。
Facebookページ
釧路「金曜の会」会場
札幌「金曜の会」会場
  • ライブドアブログ