ホームパーティー

ホシノンツリー

 みなさん、ホシノンツリーという言葉を知っていますか?
ホシノンツリーとは鶴居村にある、カフェ&レスト「ハートンツリー」
が語源。ハートンツリーは月に1度、毎週第4土曜日に
ホームパーティーを開催しています。これに対し、
ホシノンツリーは、スタッフ星野宅で鍋や飲み会を
定期的にやることを指します(笑)。

そのホシノンツリーが急遽!土曜日に開催されました(笑)。
出席者はオーナーの星野、畠山氏、早坂さん(たっくん)
そして、川島さん(第7回活き活き人)、グルメっ子。

今回はキムチ鍋をやりました。いやぁ〜体が温まりますね〜。ちなみに日ハム日本一!を記念して畠山氏がウインナーを鍋に
投入!しかし!これが結構いけるんですね♪

061028ホシノンツリーキムチ鍋
体が温まりますよ〜♪





そして!買ってきた生さんまを主の星野が捌いて刺身に!!
これも結構いけるんです♪

061028ホシノンツリーさんま
素人とは思えない包丁さばき!!





さらに!この後は、畠山氏が持ってきた毛蟹3バイを各自がばらし
鍋の中へ。そしてご飯を入れて雑炊にして食べました〜。
おこげが本当に美味しかったですね

061028ホシノンツリー雑炊

  雑炊です〜。





いや〜。ホシノンツリーは最高ですね〜。主の星野!ありがとう!

061028ホシノンツリー酩酊ほしのあき
日本酒!がメーン!星野(左)と畠山(右)

海鮮祭り!

ところで、最近「ホームパーティー」って言うと、「ホームパーティー?!そんなお洒落なことしたことない!」とか言われます。でも、僕の言う「ホームパーティー」とは単にみんなで集まって、何か作って食べ飲みする!というだけのものです。いわゆる宅飲み(卓飲み?)に料理が加わっただけですかね。大したもんじゃないので・・・ご理解を。

ではさっそく、GW初日「新鮮な魚介類を使ったホームパーティー」の模様で〜す!

かに 今回は、最近金曜の会に参加していただくようになった参加者の方のご自宅でのホームパーティーです。そして食材は、スタッフ畠山の実家、稚内から送られてきた海の幸!さらにわざわざ厚岸まで行って買ってきてくれた牡蠣やうに!

僕は遅れて行ったため、うにが食べれず残念・・・

かにむき 畠山が取り分けてくれた蟹は最高にうまかった〜。

プリップリでしょ?



ほたて それからこのでかいホタテ。
北海道ではデカイほたては当たり前なんでしょうかね??
僕が溢れんばかりのホタテに驚いていたら、「何も普通の大きさでしょ?もっと大きいのなんていっぱいあるよ!」って。


炭火 これらの食材を焼くには、やっぱり炭が一番ですね!
しかし、まだ4月末の釧路はとっても寒かったです・・・



北海道の魚介類は何度食べてもおいしいですね〜。「明日は山菜採りに行って、今度は”山の幸”だ〜。」なんて思っていたのですが、山菜採りに行きながらも、また”海の幸”も堪能することに。

ということで、次回は山菜採りの模様をお楽しみに!

チーズフォンデュパーティー!

いやいや、宣言通りに久しぶりの更新になってしまいました・・・

帯広の出張が長引いて、帰ってきのが昨日(土曜)でした。しかし、帰ってきたその日にホームパーティー、そしては今日は山菜採りとしっかり遊ばせてもらってます

ということで、その話はまた後にして・・・

チーズ 先週の「チーズフォンデュパーティー」の模様で〜す!

結局集まったのは12人だったかな?スタッフ+金曜の会参加者です。最近思うのは、転勤先でこうやって毎週末にみんなで集まってワイワイできるのって幸せだな〜、ってこと。この輪をドンドン広げていきたいです!

カレーチャーハン そして今回もみんな思い思いに料理対決!!

 こちらは金曜に初参加していただいた「たっくんのカレーチャーハン」。(ネーミングは僕が勝手に付けてます。)

牛スジのトマト煮込み 本命星野シェフは、「牛スジのトマト煮込み」。

 チーズフォンデュには、トマトソースが合うだろうということで、裸心ホームパーティーでは初めて洋食に挑戦!!個人的には好きだったのですが、どうやら本人は納得いっていない様子。。。また作ってちょうだいな。

トマトサラダ 同じく星野シェフの「トマトまるごとサラダ」。

これ、お洒落だと思いません?!

しかも、下がポテトサラダ、上はタマゴサラダの2段で詰めてあるんです。
こんなお洒落なの、普段の星野からは想像付かないな〜(笑)

あとは”裸心っこさん”の「冷しゃぶサラダ」もあったのですが、「何も調理してないっしょ!」という厳しい意見が・・・確かに。ということで、ブログ掲載は却下(笑)

裸心っこさん、せっかく作ったのにね。また次回頑張ってください!

チーズフォンデュ作り そしていよいよメインの「チーズフォンデュ作り」。

 洒落た鍋はないので、いつもの土鍋でチーズフォンデュ。

こちらのチーズは、今回のリーダー畠山がわざわざ白糠まで買いに行ってくれたもの。なかなか高価なものでしたね〜。温めた白ワインに少しずつチーズを足して、混ぜていきます。

チーズフォンデュできあがり 混ぜること数分。

とろ〜りチーズがいい感じ。

こんなもんでしょうか。


パンとソーセージとにんじん こちらは、チーズを付けるために切り刻んだ具材の数々。

僕はてっきりフランスパンだけなのかと思ったら、色々あるんですね。写真はフランスパンの他に、ソーセージとにんじん。

じゃがいも これはじゃがいも〜

ホックホク〜。




鶏肉 こちらは茹でた鶏肉。

そういえば、北海道の人は「茹でる」よりも「湯がく」って言葉をよく使うのは気のせいですかね?ま〜、どうでもいい話なんですけど・・・


シーフード ラストはこちら、シーフード。

えびの背中の黒いやつ取るの、面倒でしたね〜




突っつきあい そして、みんなお好みの具材を刺して、チーズの中へ。

何も考えず、そのまま口に入れたらめっちゃ熱かったけど、マジうまい!!ホントにうまい!!

初めてのチーズフォンデュだったけど、うまかったな〜。

自分的には、やっぱりフランスパンが合うかな。あとホタテとも相性も良かったです!

一斉に食べ始め、あっという間になくなりました!!

満足げな畠山リーダー 大好評だった「チーズフォンデュパーティー」にご満悦の企画者の畠山。(写真左)

ありがとう!!畠山のお陰で楽しく、おいしい時間が過ごせました

広島風お好み焼

食材 前記事の続きで、第2回広島祭りの模様で〜す。
 まずは昼過ぎに集まり、食材を買い揃えてきましたよ〜。人数は8人だったかな。前回同様、広島出身の主催者が黙々と作ってくれます。

そして今回は、素人を代表して前田君が広島風お好み焼き作りに挑戦!!

前田くん挑戦 油を引き、生地を注ぎ、細かく刻んだキャベツ、広島ならではの焼きそば麺を上に載せ、さらにお好みの具材も加えます。その後大きく膨らんだ材料をヘラで押さえつけながら、じっくり水分を抜いて平たくしていきます。ある程度水分が抜けて、形が整ってきたら、卵を割り広げて焼きます。

 さ〜、ここからが問題。生地の上にキャベツや麺が載っかった大きなお好み焼きを、ヘラでひっくり返しながら、卵の上に載せるのですが・・・

 写真はそのひっくり返す前の緊張の様子。

とこの後は・・・

勢い余って、少し形を崩してしまうことに(笑)

焼いているところ とそこは、「こんなの失敗のうちに入らないよ〜。」というプロの言葉を頼りに、へらを使って徐々に修正。





出来上がり ということで、出来上がり〜!!

こんなにおいそうなお好み焼きが出来上がりました。

 お好み焼きは、その名の通りお好みの具材を入れて楽しむのがいいところ。今回も、基本の豚肉やシーフード以外にも、納豆やチーズを入れて味わいましたよ!僕的には”シーフード納豆”が一番おいしかったな〜。


お花 そしてこちらの素敵なお花。

部屋を提供してくれた友人が、急に集まることになったので、用意してくれたものです。

 ガラステーブルの下の棚に飾られていたので、お好み焼きの最中は隠れてしまっていたのですが、(Wさん差し入れの)ケーキを食べているときにお皿の下にキレイに顔をのぞかせていました。わざわざ棚の高さを測って、注文して作ってもらったそうです。どこで注文したのかな〜?

 注文先を聞いてみると・・・

やはり。。。(普段お世話になっている)フルールKでした!

お世話になっているというと・・・

ハロウィンでチケットを預かってもらったり、ボーリング大会の優勝者に贈った花束を提供していただいたり・・・しかも、僕とある一人(スタッフ)とはフルールで知り合ったのです。


次回は、そんなフルールKさんのご紹介を、僕とフルールKの出会いから書こうと思います。人と人との交流もあるお花屋さん。どんなお店か・・・お楽しみに〜!

60代の大学生!?

若松さん 今週日曜のお昼は、「第2回広島祭り!」ってことで、いつもの友人宅で広島焼きパーティーを楽しんでました。そして今回のメンバーはいつもと違う顔ぶれ。中でも注目はこちらの学生!?

 左はご存知、第1回活き活き「人」の前田くん。そして・・・
真ん中にいらっしゃるWさんは、なんと教育大学に通う4年生なのですっ!
 以前より、前田君から60代の同級生がいるということは聞いていて、ずっとお会いしたかったのですが、夜のイベントはちょっと・・・ということで、今回お昼のお誘いに(直前でしたが・・・)当日の予定をキャンセルしてまで来ていただいたのです!

 「誰が来るか分からないけど、色んな人に会えるのが面白そうだから。」という動機で来ていただいたWさんは、実は釧路市内の高校の元教員。定年後、”好きなこと、やろたいことをやろう!”と大学へ入学したそうです。

「やりたいことというと?」と、さっそく質問を投げかけると・・・

「道東、特に阿寒の自然保全をしたくて。」

「あっ、そういえば同じ学部の前田君が専攻しているのは”地域環境教育”だった!」

やりたいことと学部がつながりました。興味津々の僕は・・・

「4年生ってことは、卒業後の進路はどうされるんですか?」と聞くと

「ドクターをめざします。」という返事が返ってきました。

 ちなみにドクターとは、大学院へ進学し、修士課程を2年間、博士課程を3年間の計5年間通うことを指すのですが、今まで恩恵を受けた阿寒の自然への恩返し、のような使命感をものを感じました。

 先程、”当日の予定をキャンセルして”と書きましたが、その予定というのが、一人で阿寒の山に登って、スキーで降りて来るというものだったのです。それを聞いて、「僕はボードやるんです!行きた〜い!」と言うと、「じゃ〜、ゴールデンウィークあたりに一緒に行ってみますか?」ということに!

 詳細が決まったら、誘っていただけそうです。GWは帰省の予定がありますが、うまく都合を合わせられたら行ってこようと思います!


 いや〜、60代の大学生の方とは初めてお会いしましたよ。
裸心では3つの交流(異業種交流・異世代交流・地域交流)を掲げていますが、バスケを通しての高校生との交流に続き、この日も60代の大学生との異世代交流を楽しませていただきました。60を過ぎても、やりたいことをやろうという姿、学ぼうという姿は素敵ですね。自分もそうなれるかな。

ということで、次回は広島焼きの模様をお伝えしますね!
記事検索
バックナンバー
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

携帯入り口
QRコード
LINEのアカウントが出来ました!
イベント・交流会の情報はもちろんのこと、急遽中止になった際の配信もしています。
LINEをお使いの方は、ぜひ友達追加をお願いします!

<スマートフォンでご覧の方>
友だち追加
↑こちらのボタンをクリックしてください↑

<パソコンでご覧の方>
写真 2017-04-14 7 47 03

スマトフォンでQRコードを読み取るか、「@bbz6503f」をIDで検索して、友達追加をしてください。
Facebookページ
釧路「金曜の会」会場
札幌「金曜の会」会場
  • ライブドアブログ