メディア掲載等

【裸心プロジェクト クリスマスパーティが釧路新聞に掲載!!】

【裸心プロジェクト クリスマスパーティが釧路新聞に掲載!!】

裸心プロジェクト副代表の畠山です。

このたび、裸心プロジェクトのクリスマスパーティの様子が釧路新聞に掲載されました。

皆さんはご覧になりましたでしょうか?


クリスマス 新聞記事

ではでは〜!!

【裸心プロジェクト クリスマスパーティ 釧路新聞に掲載◆!】

【裸心プロジェクト クリスマスパーティ 釧路新聞に掲載◆!】

裸心プロジェクト副代表の畠山です。

このたび、裸心プロジェクトのクリスマスパーティの記事が12月12日に釧路新聞に掲載されました!!(これで2回目の掲載です)。

06.12.16 釧路新聞記事







さあ、クリスマスまであと3日となりました!!準備も大変ですがスタッフ一同がんばっています。期待していて下さい!!

【裸心プロジェクト クリスマスパーティが釧路新聞に掲載!!】

【裸心プロジェクト クリスマスパーティが釧路新聞に掲載!!】

裸心プロジェクト副代表の畠山です。

このたび、裸心プロジェクトのクリスマスパーティが釧路新聞に12月2日付けで大きく掲載されました!!

皆さんもご覧になりましたでしょうか。

釧路新聞








今日も「新聞を見たんですけど〜」という問い合わせが来ていました。嬉しいですね〜!!

せっかくなんで大勢の人達で集まり、楽しみたいと思います。

まだまだ、申込を受付けていますのでお早めにお申込くださいね〜!!

エヌシーNEWSに掲載されました!!




代表の相原です。

先月取材を受けた「エヌシーNEWS」が発行されました!!

僕の裸心に対する思いがうまくまとめられているので、是非ご覧ください!

人気ブログにランクイン!!

代表の相原です。

久しぶりにライブドアの人気ブログランキングにランクインしました!

以前と同様になぜか(社長のブログで登録したため)、社長部門のブログの中で全国86位!!でした。(9月3日現在)

順位は常に変動するので、いつの間にかランク外になるかもしれませんが・・・

上位は有名なブログばかりですよ。

同じランキングに載るのは気持ちいいですね!

以上、報告までに。

北海道新聞に掲載されました!



 7月22日(土)開催の「集まれ!転勤族」の記事が7月20日(木)北海道新聞夕刊に掲載されました!

佐竹さん、堂々と目立つ場所に載せていただきありがとうございます!!

昨日(20日)に掲載していただいた関係で、お申し込みは当日22日の正午まで受け付けます。

釧路新聞に掲載されました!

a06258bd.JPG 7月22日(土)「第2回集まれ!転勤族」開催告知の記事が、本日(7月16日)の釧路新聞に掲載されました!!

久しぶりのプレスリリースです。3月の「グループワーク・コミュニケーション」以来でしょうか。幅広く募集をかけ、参加者を募るのも久しぶりなので、ちょっと緊張しますね。

いつもながら、裸心を熟知していただいている山本さんに完璧に書き上げていただきました。ありがとうございます!

申し込み数も順調で、新聞効果でさらに新たな層のお申し込みを楽しみにしているところです。

それでは、記事全文を紹介します!

-----

    22日に「集まれ!転勤族」〜釧路人との出会いの場〜
         裸心プロジェクト 多くの参加呼び掛け

 異業種交流会などを企画、開催している釧路の市民団体「裸心プロジェクト」(相原真樹代表)が22日、ラスティングホテル(釧路市若松町3)で、第2回「集まれ!転勤族―転勤族と釧路人との出会い」を開く。相原代表は「裸心プロジェクトの原点ともいえるイベント。大勢の人に参加してほしい」とアピールしている。(山本雅之)

 「裸心プロジェクト」は2005年4月に発足。年齢や世代、職業などにとらわれない交流の場を企画、提供している。活動開始から1年間のうちに150人規模のハロウィンパーティーを成功させたほか、「金曜の交流会」という毎月2回の定期会を継続して行っている。このほか、昼食会やスキーツアー、屋外オリエンテーションなども実施しており、活動の幅は一層の広がりを見せている。20代後半から30、40代の社会人から高い支持を集めているが、相原代表は「『一人ひとりが主人公』の取り組みが浸透してきている。大勢の人に共感してもらえていることがうれしい。」と目を細める。

 「集まれ!転勤族」は、裸心プロジェクトの原点ともいうべきイベントで、交流を重ねていくためのきっかけづくりという位置づけ。自身も転勤族という相原代表は「転勤族の多くは、会社の人間関係だけしかないのが現実。釧路の外から来た人間の誰しもが経験する寂しさを解消したい」と意欲を見せる。さらに「転勤族と釧路人との交流も大きなテーマ。昨年は、転勤族と釧路人の割合は半分ずつだった。会話を弾ませ、新しい出会いを楽しんでほしい」と参加者を募っている。

 会場は、夜景が美しいラスティングホテル8階最上階。午後8時スタート(開場午後7時40分)。会費は飲み放題、軽食付きで3500円。定員は30名。申し込み締め切りは19日。申し込み、問い合わせは、同事務局(090−1763−4485)へ。

エイプヘアデザインの宮木代表

今日の釧路新聞さんに大きく掲載されてますね!

宮木さんは、前回の「金曜の交流会」に参加していただいた方です。

話していただけで「素敵な方だな〜」と思っていましたが、美容師としても物凄い方だったんですね!

なんだか嬉しくて書きました。

どうぞ今日の釧路新聞を見てみてください!

じゅう箱のスミ(本誌)にも載っちゃいました!

5a50d3f6.JPGじゅう箱本誌








 先日週刊じゅう箱のスミ(釧路新聞版)に掲載されたことをお伝えしましたが、今回は2ヶ月に1回発行される「じゅう箱のスミの本誌」に掲載されたのでお伝えします!!(こちら「じゅう箱のスミ」は3月9日発行、釧路しんきんさんやわっとさんなど各店で配布、また14日には釧路新聞に折込みで配布されましたフリーペーパーです。3月は拡大号「愛」特集ということで、全16ページにも及びます。)

 今回は、”裸心プロジェクト”の紹介ではありません・・・左の画像の「転勤族の聞いちゃいました!!」というコーナーで、転勤族の一人として僕(相原)を紹介してもらったのです(笑)

この企画の趣旨は・・・


転勤族に聞いちゃいました!!おすすめスポット(釧路見聞録)

地元にずーっと住んでいると以外と知らないこと、転勤族の人たちは素敵なこの街をいっぱい体験しています。この企画は転勤族のお気に入りのスポットを紹介してもらうことで、この街の良さを再発見するコーナーです。転勤シーズン到来、新たにこの街に来る人たちにも役立つ情報が満載だよ!!


 という企画で、僕以外にも6名の方々が登場するのですが、皆さんそれぞれおすすめスポットとして、素敵な”お店”を紹介していますが、僕はなぜかおすすめの”マンション!?”に。なぜかというのは、どうぞ掲載内容をご覧くださいませ。


              <掲載内容全文>

      友達のできるマンション?「ロマーヌ釧路第二」

 裸心プロジェクト相原真樹さん。神奈川県出身。釧路に来て4年目です。最初は寂しくてとにかく友達が欲しかったんですが、今住んでいるところが、不思議と「友達ができるマンションなんです。ある時、エレベーターにスノーボードを持った青年が乗ってきた。どうやら一人で行く雰囲気。「絶対、転勤族だ!こいつも寂しいに違いない」と思い声をかけると案の定そう。早速、その晩の食事を一緒にして以来、下宿友達のような付き合いになりました。
 宅急便の人に「あんたも横浜か?7階にも横浜出身の兄ちゃんがいて寂しがってるから友達になんな」と言われ、それらしい青年を見つけて声をかけ、これまた友達になったり(笑)。ワンルームなので転勤族が多い様なんです。基本は挨拶。すれ違う人には必ず声をかけてます。寂しいのは自分だけじゃない。誰だって友達はほしいんです。一声で友達の輪は広がりますよ。

・・・(右)ヒートボイスのマネージャーとして活躍中の齊藤秀嗣さんも転勤族で同じマンション。ここで友達になった一人。末広繁華街と釧路川が目の前で「転勤族にぴったりのロケーション」と相原さん。ロマーヌ釧路第二への問い合わせは松井ビル0154−23−0133。相原さんのプロジェクトでは、転勤族などの交流の場として月に一度交流会を実施。詳細はホームページで。・・・(取材・小椋幸子)


以上、本文の中に3名登場しますがその中に一人、実は裸心プロジェクトのスタッフがいます!!

それは・・・

 最初に出てくる”スノーボードを持った青年”。こちらは今東京にいる田口公周くんのことなのです!横浜出身の兄ちゃんも、今は横浜にいます。ん〜、そう考えるとちょっと寂しいですね〜。必ずお別れのときが来るのは、転勤族の宿命ってやつですよね。

 しかし、以前にも公周の結婚式で「釧路で知り合った仲間が集結」したりがあった通り、転勤しても”縁”は切れません。(この言葉は週刊じゅう箱のスミで出てきましたね)

 みなさん、これからも仲良くしていきましょうね!!

週刊じゅう箱のスミ(釧路新聞版)で紹介されました!

d7ee4669.JPG今週は話題が豊富だったもんで、もう一週間も経ちますが・・・
 3月5日(日)週刊じゅう箱のスミ(釧路新聞版)に2月24日(金)開催の「金曜の異業種交流会」の内容が、潜入ルポとして取り上げられたので、ご紹介します!

 当日参加された方の中には直接取材を受けていただいた方もいらっしゃったので、参加者の皆さんはご存知だったかと思いますが、まだ記事の内容をご覧になっていない方は、どうぞこちらをお読みください。新聞とはまた違うタッチで面白いですね。コメントをいただいた方々、ありがとうございました。


               <掲載内容>

「週刊じゅう箱のスミ(チャレンジ隊のやる気発見企画!!)釧路新聞版VOL.97 裸心プロジェクト編」 「出会いでつなごう釧路と全国」

 金曜の夜の10時。釧路市末広のバーに集まる人影。20代と見える若者から中堅どころまで、友達同士というには、それぞれ雰囲気もずいぶん違う。みるみるうちに店内は満員。この集団「転勤族に友達を作る場を!」との声かえで始まった異業種交流会なんだ。心を裸にして付き合おう―とつけた会の名称は「裸心(らしん)プロジェクト」。口コミで広がり、今、釧路で密かな人気の集いとの噂を聞きつけ、取材班がフライデー・ナイトに潜入ルポ!

やり手ビジネスマンも

 会場に一番乗りは、いかにもやり手ビジネスマン。畔田俊彦さん(49)。釧路出身。社会人となり転勤で釧路を長い間離れ、昨年、十数年ぶりに戻ってきたそう。地元で新しい動きが生まれていることを期待し、インターネットで調べていたところ裸心プロジェクトの活動を知り、初参加した。「外に出て分かったことは沢山ある。例えば、釧路の枠にとらわれず、もっと十勝とも連携し道東圏域として良さを売り込めば効果的なのに・・・とか。この会は、転勤族が中心となり、新鮮な視点の釧路の情報が得られるかと思い来てみました」(畔田さん)。

「同僚以外、知人もいない・・・」

 あちらのスーツの男性も金融関係の転勤族。赴任以来、職場の同僚以外は釧路に知人もいなかったそう。「友達を作る機会もなかった。新聞でこの会を知り、参加して数回目」。親しげに話し込む隣の男性は、実はこの日が初対面。外に出れば、話し相手は結構、いるんだな。
 会の代表、相原真樹さん(28)は神奈川県出身。釧路で暮らし4年目の転勤族。自分の友達作りから始まった活動に、出会った仲間が相乗りし、昨年4月に不適の異業種交流会を開始。今では、参加者の半数以上は釧路出身者だ。

仲間作りの場がほしい!!

 スタッフの一人、石田悦未さん(25)も地元出身。最初は参加者だったが、活動に共感し、運営をサポートするようになった。」進学で一度地元を離れてから戻ってみると、友人は皆釧路を離れ、孤独感は転勤族と同じ。最初はスタッフの知人ばかりだった参加者が、今は知らない顔のほうが多く、多くの人が仲間づくりの場が欲しいのだと分かりました」(石田さん)。

転勤しても縁は切れない

参加者のほぼ全員に声をかけ、気配りもマメな相原代表。転勤族の宿命、いずれは釧路を離れてしまう身だが「地元だとかよそ者とか関係なく親しくなれた仲間とは、きっと外に行っても縁が切れないはず。ここでの出会いを釧路と全国をつなぐネットワークにつなげたい!」と夢は止まらない。心を裸にしての『釧路人』との付き合いはまだまだ続く!
                               <終わり>


毎回思いますが、ホント新聞記者さんはすごいですよね〜。こちらの意図を汲み取って、それを分かりやすい文章にして・・・いつも素敵な文章にしていただいてありがとうございます!

記事検索
バックナンバー
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

携帯入り口
QRコード
LINEのアカウントが出来ました!
イベント・交流会の情報はもちろんのこと、急遽中止になった際の配信もしています。
LINEをお使いの方は、ぜひ友達追加をお願いします!

<スマートフォンでご覧の方>
友だち追加
↑こちらのボタンをクリックしてください↑

<パソコンでご覧の方>
写真 2017-04-14 7 47 03

スマトフォンでQRコードを読み取るか、「@bbz6503f」をIDで検索して、友達追加をしてください。
Facebookページ
釧路「金曜の会」会場
札幌「金曜の会」会場
  • ライブドアブログ