こんにちは、裸心のママチャリ担当スタッフ塚谷です!
 
7月25日(土)〜26日(日)に参加してきました「十勝12時間ママチャリ耐久レース」の報告です。
 

今年のレースは、なんといっても深夜0時スタート、正午12時ゴールという今までに無い時間設定が特徴でした。

正直、準備はしやすかったですが、スタート時には眠気が襲い、複雑な気持ちでのスタートとなりました。

う〜ん、できればもっと早い時間帯での開催を望みます!


今年の裸心チームの体制は↓

image001
Aチーム

image003
Bチーム

image005
サポートチーム

撮影時は全員そろっていませんが、Aチーム7名、Bチーム9名、サポート2名での参戦となりました。
 
レース全体では172チームのエントリーがあったそうですが、例年と比べると参加台数は少なめでした。
 

深夜0時のスタートまでにはたっぷり時間があり、主催者側でイベントを用意してくれていました。
 
地元北海道のモノマネ芸人の方が、深夜にも関わらず会場をもりあげてくれました!
 
我々チームもそのイベントの様子を聞きながらひとしきり話に華が咲きました(笑)
 

今年のママチャリでライダーを苦しめたのは・・・雨!!!
 
そうです、この日は一日、しとしとと小雨が降り続き、スタートの時間になってもやむことはありませんでした。
 image007
↓昨年と同じく、カッパを着てのレースとなってしまいました。
 
 
0時の緊張のスタート、Aチームは9列目グリッド、Bチームは13列目グリッドからとなりました。
 
順調なスタートをした2台!
 
ここからは体力を奪う雨との戦いでもありました。
 
カッパを着ての走行は、ほんとに不快でした。

汗と雨とでどんどん濡れていく衣服やカッパを着まわすことになり、明け方には気温も下がってきたので体が冷えていきました。

寒さと眠気と疲れと・・・自分と戦いながら耐えてこそ「耐久レース」。
image009
image011
image013

さて、こんな悪条件の中、我が裸心チームに希望の光が!

それは、若手の躍進です!


今年も新規さんの参加が多かったこともありますが、元気のいい大学生もメンバーとして参加、この大学生がすごかった!!!

まさに若さ爆発!とにかく速いし回復力もあるし、なによりも楽しんでいる!
 
エース誕生の瞬間でした。


スタート4時間後の午前4時には夜が明け、コースも見やすくなり走りやすくなりました。
 
また、残り3時間ほどになると、小雨もやみ、やっと走りやすくなってきました。


さて、長かった戦いも終盤戦!
 
↓Aチーム、Bチームともにアンカーは若手でした!
image015
image017

悪天候にもかかわらず、我が裸心チームは、12時間通し、大きなトラブルもなくゴールを迎えることができました。


最終結果は、
 
チーム裸心プロジェクトA(本気チーム)総合20位!
 
チーム裸心プロジェクトB(エンジョイ)総合119位! 
 

172チームの参加と考えると素晴らしい結果だと思います。
 
みんなひとりひとりの努力のたまもの!完走おめでとう!!


終わってみると、今年も達成感に満たされた大会でした。
 
12時間を走りきった全員の顔は自信に満ち溢れていました!
image019

活躍はライダーだけではありません。

サポートの人数が少なかった今回、サポートチームの献身的な姿に心打たれた参加者の方が多いのではないのでしょうか。

ヒロちゃんありがとう!



このレースの達成感といったらハンパじゃありません!  

し・か・し、

今年も思いました。自転車をこいでいる時・・・

「なんで、こんなつらい思いをしなくちゃならないんだ・・・。」
 
「なんで、今年も参加しちゃったのだろう・・・。」

思い返せば、毎年レース中は後悔にもにた感情との戦いが始まるのです。

そう、私は10年以上、同じことを繰り返して参戦しています。

しかし、きっとまた来年も参加し、同じことを考えることでしょう。

ママチャリレースとはそういうものなのです・・・。


釧路についてから、徹夜にもかかわらず打ち上げに参加してくれた方が9名。

遅くは三次会まで残り、盛り上げてくれました!
 
ありがとうございます。


今年も数々の思い出をつくったママチャリレースでした。
 
ぜひ、来年はあなたも参加してみては?とっても貴重な体験となりますよ!