【裸心プロジェクト畠山副代表の日本縦断!!就職冒険日記Part176】

裸心プロジェクト副代表の畠山です。

畠山







モクモク手づくりファームで研修生として働き、いよいよ年末が近づいてきました。モクモクのファーム内にもツリーのライトアップが始まりました。

177-2












研修期間中、モクモクの吉田専務(http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/kanko/mr_yoshida.html)が塾長をしている国土交通省主催の観光カリスマ塾というものに特別に参加させてもらいました。

177-1








その中でなるほどな〜と思った点を挙げてみると‥

・モクモクが現在のような生産・加工・販売までを担う体制になったきっかけは、自分たちで作った農産物なのに自分で価格を決められず大変な苦労をしたこと、自分たちが商品開発権、価格設定権、流通選択権を持つような仕組みを作ってきた。

・よくモクモクは地域おこしとして成功しているといわれているが、自分たちは「自分たちのやりたいことをいかに面白くやっていくか」という姿勢でやってきただけ。それが結果として地域おこしになった。

・お客さんと直接繫がっているところは元気。絶対おさえておかなくてはならないのは「過去の成功体験は生きないということ」。だから昔のことを繰り返しやっていては結局あきられ失敗する。

・企業は人なりといわれているが、その企画力を持つ社員がいるかどうかがポイント。「愛・誠意・良心」これからの時代はお客様に対してこの部分を与えられるかどうかが大切。

・よその人の方がその地域の価値をよくわかる。よそ者は異質な考えを持っているので必ず他の人とぶつかり合う。ぶつかり合うことで新しいエネルギーが生まれる。(バカ者)アホがいないと変わらない。アホとはなにか?というと夢やロマンを持っている奴。「カリスマ性」とは軸がぶれない、頑固として同じ意見をいっている、臨機応変型で即時に対応できる、奥知れずの部分を持っている人のこと。

・人は人に感動する、その地域の活性化には人が大事。企画とは人の心を読む力が必要。この人の心を読む力をいかに組織するか。問題意識が強ければ強いほどいい企画ができる。問題意識を持たないといい企画はできない。

この専務の講演を聞くのは自分の中で2回目です。改めて聞きましたが、やはり「さすがだな〜」と感じました。ここに年間50万人のお客を呼ぶ背景にはこのような確固とした考えがあるものです。

実は自分が前職の退職を決意した際、裸心でよくいわれている「やりたいことをやろう!!」このことについて、これから自分が何をして生きていくのかについて考えました。そして、最初に思いついたのがこの「モクモク手づくりファームで働きたい」ということでした。

「就職冒険日記」の初めの方でも書きましたが、自分には大きな夢がありました‥

それはこれからの日本は各地に「食糧・再生可能なエネルギー・ケア(人間関係)」の自給圏を作っていくべきと考えており、将来はそのようなことに携わっていきたいと考えていました。ちょうどその時、伊賀の里モクモク手づくりファームの吉田専務の講演を聴く機会がありました。その時に「モクモクの7つのテーゼ(基本理念)」に共感し、消費者・社員と感動を共有する企業づくりについての講演に感銘を受けました。自分の思い描く夢の実現、そして自分自身が活き活きとやりがいを感じながら働ける場がここなのではないかと考えました。

このようなことを考え会社を退職。普通であればハローワークに登録し就職活動をする所ですが、それからは日本縦断の冒険をすることをみんなに宣言し準備を開始しました。

そして日本各地の人が集まり繁盛している店や施設、自分の興味関心のある所を訪問して学ぶ旅のスタートです、この旅の様子はブログで紹介してきましたが、モクモクで働く中では様々な問題意識を持ち、企画力豊かなひらめきが求められるはずで、この経験は自分にとって必ず無駄にならないだろうと考えたからです。

そしてモクモクでの研修生活のスタート。自分の中では一つのテーマを持って研修に臨みました。それは「モクモクのパワーの秘訣を知りたい」ということでした。朝礼や様々な場面を通じて、木村社長がロマンを語り、吉田専務がしっかりと実現していく名コンビの存在、中堅幹部の方々の全体を見渡し、細かな所まで目を配ると共にスタッフの気持ちを一つにまとめる力、そしてスタッフ一人一人がモクモクの理念や存在意義をしっかりと理解し「モクモクが大好き」という熱い思いを持っている、他にも色々な要素がありそうですがこれらが一つの組織としてしっかりとまとまっていることがモクモクのパワーの大きな秘訣なのではないかと感じました。

そのような経緯の中、問題意識を持って必死に働き、様々な機会を利用して自分の熱い思いを伝え、「自分ならモクモクでこのような事をしてみたい」という企画書を作って提案してみたり、今の自分にできる精一杯のことを積み重ねてきました。

その熱意が専務に伝わったのでしょうか。なんとモクモクで採用して頂ける事になりました〜!!記念に専務と一緒に記念撮影です。


177-3








これからはこの場所で、志を共感できる仲間と一緒に自分のやりたいことを実現していこうと思います。そして、これからはこの仕事に専念していくので裸心プロジェクトの就職冒険記はこれで終了とさせていただきます。今まで毎日ブログをチェックし、暖かく見守って頂いたみなさん本当にありがとうございました〜!!

これからはモクモクで働くことに全力投球していきます。「裸心プロジェクト畠山副代表の冒険記第3章」のスタートです!!

PS:今後の自分に興味を持って頂ける方には「モクモクネイチャークラブ(http://www.moku-moku.com/club/index.html)」というものがあり、これに登録すると、自分の働いている様子などが掲載された広報誌や通販カタログなどが送られてきます。興味のある方はぜひ登録して暖かく見守って頂けると嬉しいです。

本当ならば「まだまだ冒険は続きます。次回もお楽しみに〜!!」といいたいところですが、最後は「皆さん、今までありがとうございました〜!!」とします。しかし、裸心プロジェクトは永遠に不滅です。


「夢は逃げていかない。自分が夢から逃げていくんだ。今踏みとどまって戦って欲しい、そして、今できること、今できることの精一杯を積み重ねた時に夢は必ず待っていてくれるから」

これは自分の大好きな言葉で、常に自分に言い聞かせている言葉です。最後にこの言葉を皆さんに送り「裸心プロジェクト畠山副代表の日本縦断就職冒険日記」を終了とさせて頂きます。


皆さん今まで本当にありがとうございました〜!!今後の新天地での自分の活躍をご期待下さい!!