どうもです。引き続き代表の相原です。

「歴史を大いに語る会」に次ぎ、僕がイベントリーダーを務める「湿原ツアー」のご報告ですが・・・こちらも9月9日(日)開催ということで、報告が遅くなってしまってすみません!


【まずは開催意義について】

「歴史を大いに語る会」については、何度か触れているように”好きなことについて好きなだけ語る!そんな中での交流”というようなものを意味付けているのですが、「湿原ツアー」については告知の際にも書いている通り、”釧路の良さを知る”という意味付けも加わっています。

”釧路の良さを知る”という意味では南大通散策ツアーもその一つです。ずっと釧路にいたら、地元の良さって分かりづらいですよね。

転勤族、あるいは釧路外から来た人間の多い”裸心プロジェクト”にとっては、釧路の良さを知ることはとても自然のことのような気がします。だから、この強みを生かして、地元の方々へ釧路の良さを伝えられたらいいな、と勝手に思っています。


【湿原ツアーご報告 序章】

湿原―弦膽命こちらは後程また登場しますが、細岡展望台で撮影したものです。参加者はガイドの吉田先生を含め15名です。ガイドの吉田先生については以前のブログでご紹介しているので、こちらをご覧ください。

まずはツアーのコースについておさらいしますと・・・

イオンに集合〜恩根内〜岩保木水門〜細岡展望台〜シラルトル湖(茅沼オートキャンプ場:解散地点)〜ベルジュ・エーワン(懇親会)

という流れでしたが・・・

時間の関係上、最後に回る予定だったシラルトル湖に行けなくなり、標茶町郷土館に変更になりました。


今回のツアーですが、振り返ってみると・・・

本当に吉田先生のガイド冥利に尽きます!


当日は台風接近で天候が危ぶまれたのですが、蓋を開ければ大快晴!!雨の心配どころか、炎天下での体力の方が心配になるぐらいでした。そんな中、本当に一生懸命にガイドをして頂いた吉田先生に改めて感謝しています。吉田先生なくしてこの湿原ツアーの大成功、盛り上がりはなかったのは言うまでもありません。


【恩根内ビジターセンター】

湿原恩根内へまずは予定通り、駐車場へ車を止め、恩根内ビジターセンターへ。





湿原げ減内先生恩根内へ入ると、さっそく我らが吉田先生のガイドが始まります。










ゲ減内参加者先生の話を真剣に聞く参加者。






湿原2減内恩根内ビジターセンターへ行くのは僕自身全く初めてだったのですが、恐らくガイドなしでは別に何もないやと1時間もしないうちに帰ってしまうところでしょう。でも、何もないと思える風景もガイド一つでとても意味ある風景になります。実際、過去に来たことがあるという参加者が全然違うと言ってました。


湿原ξ咾気もう一つ僕が驚いたのは、湿原に詳しい参加者が多いこと。ま〜、湿原ツアーに申し込んでくれるぐらいだから、相当モチベーションの高いメンバーだから当然なのかもしれませんが・・・しかし、吉田先生は湿原のことはもちろん植物のこと、鳥のこと、熊のこと、昆虫のこと、天候のこと、アイヌのこと・・・質問をすればすべて答えが返ってきます。さすがはプロです。


【岩保木水門】

湿原昼ごはん恩根内で歩き疲れた一行は、岩保木水門で昼食を取ります。





湿原┫篳殘ここも初めて来ましたが、いいところですね〜。心が和む場所というか・・・こんなにいいところを今まで知らなかったのが少し恥ずかしい気がしました。




湿原ざりがにそして岩保木に来た最大の目的である「ざりがに釣り」。この日手作り竿で釣りした中で、一番釣り上げた石黒さん。写真はでっかいウチダザリガニ。これまた初めて見てビックリしました!大きいものはロブスターそのものですよね。僕の地元逗子のザリガニはアメリカザリガニ(通称マッカチン)なのですが、釧路では誰も知らないようです・・・


湿原うぐい釣り人「星野」はマイ竿で見事うぐいをGET!

ちなみに僕はコツを掴むのに時間がかかり、釣果はいまいち。最初は難しかったな・・・






【細岡展望台】

湿原細岡岩保木から道なき道を走り、気付けば細岡展望台の近くに。






湿原先生吉田先生のガイドもさらに熱が入ります。






湿原参加者キレイな空ですが、(写真手前)僕の黒いポロシャツからうかがえるメタボ具合が気になりますね〜・・・




湿原参加者2真剣に資料を見る皆さん。ここでも沢山の質問が飛び交いました。






【標茶町郷土館】

湿原阿靴泙佞ろうここで一番感動したのが、この”シマフクロウ”の剥製。何に感動したってその大きさです。大きいと言うのは耳にしていましたが、ここまで大きいとは・・・郷土館とか、博物館とかそういうアカデミックなところは苦手なので、正直あまり期待していませんでしたが、意外と良かったですね〜。





【懇親会】

懇親会は僕のお店「ベルジュ・エーワン」で開催しました。残念ながら吉田先生は参加できませんでしたが、10名の参加。画像は取り忘れてしまいましたが、こちらも盛り上がりましたよ!


【まとめ】

という訳で、湿原ツアーの報告は以上になりますが、なんと翌日の釧路新聞の社会面にデカデカと湿原ツアーのことが記事になっていました!気が付いた方いらっしゃいますか?

また、参加者の方からこんな素敵な御礼のメールを頂いたのでご紹介したいと思います。

「とても良い天気、とても良いガイド、とても良い参加者、、、素晴しいツアーでした。その昔、学生時代に大勢の仲間達と山に出かけたことを思い出し、心躍る一日になりました。ありがとうございました。」

最初のフレーズがすべてを物語ってますね。

さらに嬉しいことには、このツアーで知り合った仲間で「神の子池」を巡るツアーなどに参加したりして今後に活動に繋がっているようです。(僕も行きたかったのですが・・・)


そして僕自身も湿原に興味を持ち、その後山崎山林 森林セラピーなるものに参加してきました。

山崎岬写真は山崎岬から撮影した釧路湿原です。実はこの山崎山林の存在は、湿原ツアーの参加者の方から「こんなとこがあって行ってみたいんだ〜。」と聞いて知り、さっそく行ってみたのです。「Kさん、僕が先に行っちゃいました。すみません・・・」
次回はどさんこ牧場から馬に乗って宮崎岬まで行きたいな〜、なんて企んでいます。


まだ具体的な話にはなっていませんが、第2回ももちろん企画したいと思います!何か案があれば是非連絡くださいね。

では以上、釧路湿原散策ツアーのご報告でした!