やち坊主 こちらは山菜採りの帰り途中で見つけたもの。

何を撮りたかったか分かりますか?


やち一緒に そうです!「谷地坊主」です。
これまた釧路に4年もいながら、初めて見ました。「これが噂のやちぼうずか〜。」
ホント不思議ですよね。生き物みたいで、映画に出てくるキャラクターみたいですね。

 ちなみにこの「谷地坊主」は、湿地に生えるカブスゲなどのスゲ類の株で、冬に凍って株が盛り上がり、春になると周りの土が溶けて流れ出ることを繰り返すうちにどんどん高くなってしまうそうです。釧路湿原展望台の建物は、この谷地坊主をイメージして建てられたそう。
 確かにそんな形をしていたような気がする・・・

景色 そして腹が減ったので、厚岸味覚ターミナル「コンキリエ」へ。

天気はよくなかったのですが、コンキリエからの眺めはとってもいいですよ!


水槽 コンキリエも道東では有名ですが、これまた行くのは初めて。こちらの市場のようなスペースには、新鮮な魚介類がたっぷり。(昔、父親にお魚屋さんに連れられて行ったのを思い出します。)
 そこで、自分が食べたい食材を食べたいだけ、ケースに入れて、取った分だけお会計。

食材 ちなみに、これが僕のチョイス!
前日食べれなかった”うに”を始め、時鮭、ハラス、ほたて、牡蠣、じゃがバタ、いもだんご、サーロインステーキ。。。締めて2,400円なり!こりゃ、太るわな〜。前日も食ったばかりなのに・・・

 なんだか選ぶだけでとっても楽しいですよね。

炉辺 そしてそして、それぞれ思い思いに買ってきた食材を焼いて食べるわけです。わくわくドキドキ。
 岸壁炉辺もこんな感じなんですかね?1年に一回、和商市場の屋上で開催される炉辺には行ったことがありますが、室内でやるのもいいもんですよ。


 そんなわけで、山菜採りだけでなく、コンキリエで連日の魚介類の満喫しながら、みんなと交流をしていたわけでした。次回はいよいよ「カラオケ大会」の模様をお伝えしようと思います。いっぱい写真を撮ったので、画像の処理が大変そうですが、がんばって更新しま〜す!